シミュレーターでの模擬訓練

Flight Simulator

シミュレーターでの模擬訓練

※ 実際のパス角とは異なります

正式な訓練として認められる当学園のフライトシミュレーター

当学園のフライトシミュレーター(TS21D)は飛行訓練装置レベル3として国土交通省に認定され、実機訓練と同様に正式な訓練として認められています。

下記の項目を行えます

操縦適正診断コース

費用:25,000円/税込(2日間)

約1時間程度の講義を受講後、飛行訓練装置を使って約45分の操縦を2日に分けて行って頂き、元航空大学校教官が適性を診断するコースです。

就職活動支援コース

費用:25,380円/時間(税込)

エアライン等のパイロット採用試験では、適性審査として飛行訓練装置などを用いるケースがほとんどですので、検査前に飛行訓練装置に慣れておく為のコースです。

特定操縦技能審査コース

費用:18,000円/税込

航空法改正により平成24年4月から施行されました『特定操縦技能審査』を実機を使用せずに飛行訓練装置により受検出来るコースです。(多発有資格者)

計器飛行の為の飛行経験付けコース

費用:152,280円/税込(25,380円/時間×6時間)

操縦士の計器飛行能力を維持・向上させる為、及び計器飛行証明保有者が計器飛行を行うのに必要な最近180日の飛行経験を満たすためのコースです。

計器飛行時間付けコース

費用:507,600円/税込(25,380円/時間×20時間)

計器飛行証明の取得訓練は、約40時間のフライト訓練を行うのが一般的ですが、国の認定を受けた飛行訓練装置であれば20時間までは経験として認められている為、全て実機でフライト訓練を行うよりも飛行訓練装置を利用する事で大幅に訓練費を抑える事が出来ます。

※ 上記表示価格は全て税込です。

フライトシミュレーター室の様子